大和郡山市商工会女性部 広報誌 「はなびし」 より転記 
                              (平成19年8月発行分)

1.平成19年度  新 役 員 名 簿
2.女 性 部 長 を 引 き 受 け て 女性部長 木 村 安 代
3.初 め て 新 役 員 に な っ て 松 本 江 貴 子
4.商工会全国組織化四十周年記念式典
              に参加し
平 尾 英 子
5.商工会女性部連合会 
     四十周年記念台湾旅行の思い出
寺 内 百 合 子
6.広  域  講  習  会 小 谷 芳 子
7.県  外  研  修 横 野 日 露 子
8.介護対応型マンション
    「イングス法貴寺」を見学して
  
中 野 和 代
9.夏 ま つ り の 思 い 出 山 田 久 子
10.全国金魚すくい大会のお手伝い 田 村 照 美
11.PICAメッセ 山 中 寿 子
12.料 理 教 室 に 参 加 し て 森 下 け い 子
13.役 員 退 任 に あ た り 中 川 ヤ ス 子

 


         平成19年度  新 役 員 名 簿
   部    長        木 村 安 代
   副 部 長  中    暁 美 、 松 本 江 貴 子 
   会    計        廣 瀬 幸 子
   常任委員  山 中 寿 子 、 森 下 け い 子

 吉 田 好 子 、 小 谷 芳 子

 中 野 和 子 、 横 野 日 露 子

 山 田 久 子 
   監   事  絵 野 照 子 、 平 瀬 陽 子









女性部長を引き受けて  女 性 部 長  木 村 安 代

  今年ももう、田植えの季節がやって来ました。農家の方がたには恵みの雨も、私達には
 うっとうしい梅雨の到来です。

  さて、永年に亘り功績を残されました平尾前部長の後を受けさせていただきました木村
 です。部長 という大役をお受けして、小心者の私は、役目を果たせるのか不安で一杯です
 が、三役さん はじめ役 員の方がたと力を合せて女性部発展の為に、又、女性部活動を楽
 しく、有意義なものに なるようにが んばりたいと思っております。どうか女性部の皆様、
 これからも御協力をよろしく お願い致します。

  又、事務局の皆様にもお世話になりますのでよろしくお願い致します。





初めて新役員になって  松 本 江 貴 子

 4月24日商工会女性部の総会が開かれました。今年は役員改選の年で、私は副部長を引き受ける事になりました。
 まだまだ経験不足な私が出来るか、とても不安でしたが、持ち前の開き直りといい加減さで最後は「何とかなるやろ」と
いつもこの調子です。

 話は変わりますが、名物のきんとっと焼きですが、大変な作業やと思います。たとえば餡の練り屋一筋、焼き一筋とすごい
パワーです。皆様のおかげで大変好評で行列が出来て、あっという間の完売です。

 これからも色々と経験させていただいて皆様と共に女性部活動・地域活動にと微力ではございますが頑張りますので、
どうか宜しくお願い致します。






商工会全国組織化四十周年記念式典に参加して  平 尾 英 子

 平成18年10月26日・27日の2日間、東京で行われました商工会全国組織化四十周年記念式典に木村安代さん
と一緒に参加させていただきました。第1部の四十周年セレモニーで全国商工会女性部連合会会長表彰として大和郡山市
商工会女性部と広陵町・大淀町・吉野町・葛城市の五商工会が表彰の対象となり全国連の及川会長から表彰状をいただき
ました。全国から来られました三千人あまりの人々の前でとても緊張したことをおもいだします。皆様のおかげで貴重な
経験をさせていただきました。

 この後記念講演は、フジテレビキャスターの黒岩祐治氏の『私が命にこだわる理由-報道の現場からのメッセージ』の
講演で苦労しておられることに感動させられました。翌日は、おばあちゃんの原宿と言われている巣鴨の商店街を視察
しました。普通の下町の商店街でした。いままでいろいろな全国大会に出席させてもらいましたが、部長最後の年にこん
な大役をさせていただき有難うございました。






商工会女性部連合会 四十周年記念台湾旅行の思い出   寺 内 百 合 子

 今から15年前私の初めての海外旅行は連合会のシンガポールでした。今回2月
6日、ご縁があり再び参加出来た事は喜びにたえません。台北は例年になく温暖化
で25度・6度で3日間共暑かったです。
 貨幣は元、一元三円六十銭。時差は
日本よりマイナス1時間。まず、忠烈詞の建物の前には兵隊さんが直立不動左右に
1時間ずつ交替で門番、徴兵制度有り、交替儀式を見学、中正記念堂、蒋介石座像
、建物すべて大理石でそれは立派ですばらしいです。龍山寺は日本の三倍以上の長い
線香で、果物、豚の丸焼等供え、土地の人々はひざに小さな座ぶとんをしき、最敬礼
を何度も繰り返し、信心深さに感動。夜は夜店にいけば人、人の波。はぐれない様
皆手をとりあい、汚い汚い所でした。

 2日目ザーアン(おはよう)を習い、淡水観光は霧で遠く迄見えなくて残念。九観光、坂道の商店街、ここでも日本語は通じ、夜は台北101タワー展望台で夜景のすばらしかったこと。
 3日目はリニューアルした故宮博物館へ行き、翠玉白菜を見学。あまりの広さにグロッキー。夜は二日とも皆でマッサージ。
朝早くから夜遅く迄楽しい楽しい日々です。どこへ行っても日本語が通じ、母国の偉大な事が解り日本に生まれて良かった。
又、車窓から葬式があり、それは日本の結婚式の様に派手でパレード有り、たいこたたき、それも白い服や赤いタレ幕で仰天
しました。料理もとても美味しく、3日間若い方々に囲まれ、ひざが悪いのに皆様五名のお陰で行けた事を喜んでいます。
ありがとうございました。又、主人始め家族の協力あってのたまものです。

 商工会女性部が益々発展し、次回も機会があれば是非参加したいと願っております。






広 域 講 習 会     小 谷 芳 子

 6月22日、平成18年度商工会広域講習会が大和郡山市商工会にて開催され、斑鳩町・
平群町商工会女性部の方が多数参加されました。
平田進也先生を講師に招いて「ほんまもののサービスはこれや」というテーマで講演
されました。

「サービスは無限であり、物を売るのではなく、心を売る。お客様とお店の壁を払って
お客様の心にはいる。お客様を味方につけてリピーターにする。お客様に喜びを与えて
商いをする。」
 お客様への接し方、サービスの仕方等を勉強させていただき、お店にとりいれていき
たいと思いました。先生のゆかいなお話に耳をかたむけている間に時間がすぎてしまい、
とても楽しい講習会でした。








県 外 研 修      横 野 日 露 子

 平成1812月1日〜2日、部員相互の親睦を図る目的で1泊2日の日程で富士吉田
方面へ研修旅行に行きました。高速道路を東へ……大徳食品鰍フ富士工場を見学させて
頂きました。従業員以外は入ることが出来ないところを特別に配慮して頂き、消毒され
た白衣と帽子マスクに身を包み手と腕まで丁寧に洗い、各部門を案内して下さった。
大徳のうどんは手打ちの味を出す為に「練り」を組入れた機械でコシのある麺を丹精込
めて製造されていました。特に衛生面に気をつけておられた。食堂で、出来立てのうどん
を御馳走になり「焼きソバセット」をお土産に戴き、工場を後にしました。
 次に、バスで5分の所にある富士宮商店街へ到着。「おかみさん」のお出迎えを受け
振興組合理事長の増田恭子氏から「元気印商店街」の顧客獲得のためのお話を聴かせて
頂きました。活気のない落ち込んだ街を女性達で何とかしたいと「おかみさん会」を
結成して10年地道な活動で実を結んだ手づくりイベントや街全体が参加する「宮おどり」
カーニバル等、あらゆる企画を盛り込んでお客様が商店街に向けて歩いて下さる姿が又
「楽しかった
来て良かった」などの嬉しい感想を沢山いただいた。その時「お金を掛けなくてもお客様に喜んでいただけ
る。」と言う事が身をもって感じられたそうです。我街もお客様が「元気な街」「住んで見たくなる街」をめざしてこれから
頑張っていきたいものです。おかみさん達に見送られ私達は宿泊地へ。バスに揺られ右に、左に車窓から新雪のかぶった
富士山が真近かに迫り一同雄大さに歓声が上りシャッターの切る音がしきりでバスを止めて下さってすばらしい富士山を
撮りまくりました。

 17
時ホテルに到着。富士山を斜景に広い庭園を散策し桂川のせせらぎが静寂の中にひびき茶室でお抹茶をいただいて旅の
つかれがスウーッと抜けていやされて行くのを感じました。温泉の後、豪華な膳に舌つづみをうち、夜は「霊峰太鼓ショー」
や、泊り客が集まってビンゴゲームに興じ、リーチがかかり始めると大きな歓声があがり、あちこちからビンゴー
ビンゴー
とどよめきがおこり景
品をもらって気分は最高潮楽しい夜を満喫しました。楽しい研修でした。







介護対応型マンション「イングス法貴寺」を見学して  中 野 和 代

 私達は、田園あふれる田原本町法貴寺にあるイングス法貴寺に行きました。
マンションは広々としていて、自由があり老夫婦になっても利用しやすく横で訪問介護、通所介護、居宅介護支援の
各事業も運営し、地域に重視したサービスを提供されていて、利用されていたおばあさんの顔がとても穏やかだったのが、
うれしかったです。 これから、少子高齢化が進んでいく中、住み慣れた町で、元気に、長生きに、今日という日を楽しく
過ごしていきたいものです。







夏まつりの思い出    山 田 久 子

 青年部が主催されるやまとの夏まつりがやって来ました。会場である郡山北小学校のグランドの中央には既に櫓が
組まれ、提灯や小旗が風にゆらめいています。

 私ども女性部は模擬店の出店に参加します。夕闇が迫り盆踊りの音頭が鳴り響く頃、それを合図の様に何処から
ともなく家族連れや友達同志等来られて賑わって来ました。踊り子さんの盆踊りに引寄せられ、ウチワ片手に踊りに
参加される方、又、子供さんは金魚すくい始めいろいろな遊戯に無我夢中、そして輝く笑顔、それらをニコニコ見守
られる父兄の方、小さいお孫さんに手を引っ張られお孫さんの言いなりになられるおじいちゃん、おばあちゃん。
私はそれらの様子を眺め、まつりならではの風景とほほえましく思いました。

 一方、私どもの店も順調に売れ出しました。女性部名物であるきんとっと焼き始め、かき氷、アイスクリーム、
フランクフルト、綿菓子等。私の担当は綿菓子です。平常売っていないからと行列の出来る有様です。そのうちに
他の品物が次々に完売になり出しました。でも綿菓子は待っていて下さる方に応えるべく原料の砂糖が無くなるまで
やろうと張り切りました。そして完売。それを待っていたかの様にドーンと一発天空高く花火が大輪の花を咲かせま
した。「ヤァー綺麗と見とれているうちに次々と二発、三発……七発、八発、……大空を明るく染め上げ、夏まつり
は終りました。






全国金魚すくい大会のお手伝い    田 村 照 美

 大和郡山市と云えば「金魚」は全国的に周知されているのは云うまでもなく、私も幼い頃の縁日では金魚すくいを
楽しんだものです。それが競技として全国から参加者が来られ、今年で13回との事です。8月第3日曜日と云えば
夏まっ盛り、総合公園施設多目的体育館で行われるので、周辺公園内に協力団体が模擬店を出店しているのです。
我、大和郡山市商工会女性部としても、かき氷、カレー、フランクフルト、きんとっと焼き等の販売を行っています。
きんとっと焼きとは、鯛焼きのようなものですが、玉子たっぷりの生地に小倉あんと抹茶あんを入れて焼く、金魚の形
をしたものです。全国から来られ参加されている方々のお土産としても好評で、行列ができる程です。炎天下でお待ち
いただくのも大変なら、焼き手もそれは大変なものです。昼食の頃になると、カレーライスも御飯が炊き上るのをこころ
待ちにしての販売です。かき氷も季節柄大忙しです。
商工会女性部が一丸となって、奈良県大会及び全国大会のお手伝いが出来る喜びで、忙しいけれども充実感も得られ、
会員の友情も深まり得られる事も大きいと感じて、精一杯頑張ります。
 





PICAメッセ    山 中 寿 子

 昨年は「商工フェア」という名称で松下電器産業轄H場内で開催されましたが、今年は農業関連他が加わって「PICA
メッセ」と名称に変更され1111日〜12日2日間開催されました。

     PICA」とはP……(プロモーション) 振興
              I……(インダストリー) 工業
              C……(カマース)    商業
              A……(アグリカルチャー)農業だそうです。
 この催しには電気、機械、化学関連、健康関連、IT関連、農業関連他、多くの企業が出展され大きなイベントです。
場内の道路をはさんで両側にはいろんな模擬店が立ち並び私達商工会女性部もお客様に大変人気のある「きんとっと焼き」
と子供達が喜ぶ「綿菓子」を販売する事になり準備をしてさあ、これから頑張ろうと思った矢先、北の方から威勢のよい
音楽と掛声が聞えて市長様や来賓の方を先頭に吹奏音楽隊やバサラ踊り他、賑やかにパレードと式典が始まった。式典の
後方の建物には出展企業の説明や試食会があり、又、農業関連では立派な白菜や大根、ネギ、その他いろんな野菜が並べら
れお客様で賑わっていた。我々の「きんとっと焼き」「綿菓子」も順調に売れ、綿菓子では少しサービスして大きくして
あげると凄い凄いと子供達が喜び、その顔を見ていると疲れも吹っ飛びました。イベントも終盤に近づき、出展企業からの
品物の提供で抽選会があり、当り番号が発表されるたびに歓声が上がった。私は11
の1日目だけしか参加出来ませんでし
たが、今日1日振返ってこのイベ
ントも大成功だったと思いました。






料理教室に参加して    森 下 け い 子

 3月23日、うどんで有名な大徳?さんの丸山さんのお世話で料理教室に出席しました。
その日のメニューは、彩りうどん、ニラまんじゅう、コーヒーゼリー、足立先生ご指導のもと、さすが大ベテランの部員
十八名がテキパキ・サッサと見事な包丁さばきで出来上がり!さてお味の方は……まずいわけがありません。見た目も
きれいな彩りうどん、ニラの苦手だった私もパクパク、あとはコーヒーゼリーでさっぱり。うーんまんぞく・満足。
とっても美味しかったので、早速次の日、孫たちと一緒にニラまんじゅうに挑戦しました。大きいの小さいの変形したもの、
さまざまでしたが、味は同じ、みんな喜んで嬉しそうに食べていました。
 毎日のおかずに苦労している主婦にとって、違ったメニューの料理教室に機会があれば是非参加したいですね。
足立先生・丸山さん有難うこざいました。

  ニラまんじゅうの作り方をのせてみました。簡単ですので皆様一度おためし下さい。
   〈材料〉6人分   豚肉(ミンチ)     300g
               ニ ラ         1.5
               A)          醤油大さじ1・酒大さじ2・胡麻油大さじ2塩・胡椒少々
               片栗粉         大さじ3
               餃子の皮(大判サイズ) 30
             ポン酢醤油       適量
               サラダ油        適量
   〈作り方〉 1 ニラは小口より細かく切り豚肉と共にボウルに入れ、(A)で味付けし粘りが出るまで混ぜ最後に片栗粉を加える。
          2 餃子の皮に@を等分し、乗せ平らにして、回りに水指で塗ってひだを寄せて円形に包む。
          3 フライパンにサラダ油を熱してひだ面を上にして並べ、焼き色が付くと裏返し弱火でカリット焼く。
          4 Bを器に盛りポン酢醤油を添える。






役員退任にあたり   中 川 ヤ ス 子

 部長様はじめとして役員の皆様と長らくにわたり役員をさせていただいておりましたが、この度役員改選により役員から
身を引く事になりました。女性ネットワークの理事としても色々私なりに頑張らさせて頂いたと思っておりますが、仕事の
都合等で皆様にご迷惑をかける事になってしまい、はがゆく思った事が度々ありました。今年度からは木村新部長さんはじめ
新役員さんのもと、商工
会女性部が楽しい会であり、益々発展します事をお祈りいたします。